So-net無料ブログ作成

宇野昌磨が逆転優勝、日本の金メダル27個に


閉会式で笑顔を見せるアイスホッケー女子日本代表の選手たち(26日、札幌市南区で)=武藤要撮影
男子シングルで優勝した宇野昌磨(26日)=武藤要撮影
札幌市と帯広市を舞台に開かれた第8回冬季アジア大会が26日、幕を閉じた。
今大会には過去最多の32か国・地域から選手・役員約2000人が参加。
日本の金メダルは、前回アスタナ・アルマトイ大会の13個を大きく上回り、第1回札幌大会の29個に次ぐ27個で1位となった。
次回大会は中国での開催が検討されている。
最終日はフィギュアスケートの男子フリーで、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188・84点で1位となり、合計281・27点で逆転優勝した。
この種目での日本勢の金メダルは、2003年青森大会の本田武史以来。
SP4位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)は合計263・31点で4位だった。
フリースタイルスキーのモーグルは、男子で堀島行真(いくま)(中京大)、女子で村田愛里咲(ありさ)(行学学園教)が優勝した。
堀島はデュアルモーグルとの2冠。
ノルディックスキー距離の女子15キロフリー(マススタート)は小林由貴(岐阜日野自動車)、男子30キロフリー(同)はレンティング陽(チームアキラ)が制し、リレーを含めて小林は4冠、レンティングは3冠に輝いた。
2017年02月26日
20時26分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

宇野昌磨が逆転優勝、日本の金メダル27個に
宇野昌磨が逆転優勝、日本の金メダル27個に
宇野昌磨が逆転優勝、日本の金メダル27個に

オンライン書店比較一覧

アイホ女子、日本が「金」…長谷川アルペン2冠


第1ピリオド、得点を入れ喜ぶ竹内愛奈(左端)(25日)=武藤要撮影
女子回転で優勝した長谷川絵美(25日)=武藤要撮影
冬季アジア札幌大会は第7日の25日、アイスホッケー女子で、日本が中国を6―1で下し、5戦全勝で初めて金メダルを獲得した。
フィギュアスケートの女子フリーは、ショートプログラム(SP)2位の本郷理華(邦和スポーツランド)が100・39点で4位となり、合計161・37点で4位。
日本女子として4大会連続の優勝を逃し、初めて表彰台にも上れなかった。
SP首位の崔多彬(チェダビン)(韓国)が合計187・54点で優勝した。
アルペンスキーの女子回転は長谷川絵美(サンミリオンク)が制し、大回転との2冠に輝いた。
ジャンプ男子団体ラージヒル(HS137メートル、K点123メートル)は日本が優勝。
日本勢の金メダルは26日の最終日を前に、目標の20個を超える22個となった。
2017年02月25日
22時06分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

アイホ女子、日本が「金」…長谷川アルペン2冠
アイホ女子、日本が「金」…長谷川アルペン2冠
アイホ女子、日本が「金」…長谷川アルペン2冠

DVD発売日

男子デュアルモーグル、堀島行真V…札幌大会


冬季アジア札幌大会は第6日の24日、フリースタイルスキーの男子デュアルモーグルで、堀島行真(いくま)(中京大)が金メダルを獲得した。
原大智(だいち)(ジョックス)が2位。
女子デュアルモーグルは、村田愛里咲(ありさ)(行学学園教)が銀メダルとなった。
2017年02月24日
14時14分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

男子デュアルモーグル、堀島行真V…札幌大会
男子デュアルモーグル、堀島行真V…札幌大会
宇野、男子SP2位…カーリング男子は「銀」

ワックス脱毛 大阪

世界一奪還へ、侍ジャパン一丸…強化合宿始まる


強化合宿がスタート。
ダッシュする「侍ジャパン」の選手たち(23日午前10時38分、宮崎県総合運動公園で)=泉祥平撮影
3月に行われる野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す日本代表「侍ジャパン」の強化合宿が23日、宮崎市のKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園で始まった。
3月初めに合流する米大リーグ・アストロズの青木宣親選手を除く27選手が参加。
午前10時過ぎ、外野グラウンドでプロ野球の熊崎勝彦コミッショナーが「世界一奪還へ心を一つに立ち向かおう」と訓示を行い、選手たちは真剣な表情でウォーミングアップに入った。
合宿は26日まで。
福岡での台湾プロ野球選抜との壮行試合、大阪での阪神、オリックスとの強化試合を経て、3月7日の1次ラウンド初戦(東京ドーム)、キューバ戦に臨む。
2017年02月23日
11時18分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

世界一奪還へ、侍ジャパン一丸…強化合宿始まる
世界一奪還へ、侍ジャパン一丸…強化合宿始まる
女子大回転で長谷川絵美が「金」、安藤麻2位

就職 求人

世界一、心に誓って…侍ジャパンがミーティング


侍ジャパンの全体ミーティングであいさつする小久保監督(22日)=泉祥平撮影
3月のWBCに出場する日本代表「侍ジャパン」の選手や首脳陣が23日からの強化合宿に備えて22日、宮崎市内の宿舎に集合した。
夜のミーティングで、小久保監督は「ここにいるのは日本を代表するトップ選手の集まり。
我々の力で世界一を取りに行くことを強く心に誓って、これからの1か月間、ともに戦いましょう」と呼びかけた。
3月初めに米大リーガーの青木(アストロズ)が合流し、28人全員がそろう。
25日にはソフトバンクとの練習試合がKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われる。
前回大会の日本代表は、宮崎での合宿を経て最終メンバーが絞り込まれたが、今回は小久保監督の方針でメンバーを事前に固定した上で本番に向けて調整する。
2017年02月22日
21時06分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

世界一、心に誓って…侍ジャパンがミーティング
男子大回転、18歳小山が金…日本勢10個到達
在任中はWBC継続…米大リーグコミッショナー

ラルフローレン 子供服 格安

スピードスケート、1500mで高木美帆が金


女子1500メートルで優勝した高木美帆(21日)=武藤要撮影
冬季アジア札幌大会は第3日の21日、スピードスケート女子1500メートルで高木美帆(日体大)が金メダルを獲得した。
2017年02月21日
14時08分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

スピードスケート、1500mで高木美帆が金
3位の高木菜「銅」もらえず…規定で5位選手に
小林由貴が金…スキー距離女子10キロフリー

アニメ一覧

高木美帆、女子3千で「金」…スピードスケート


女子3000メートルで優勝し、観客の声援に応える高木美帆選手(20日午後、北海道帯広市で)=武藤要撮影
女子3000メートルで優勝し、表彰式で笑顔を見せる高木美帆(20日)=武藤要撮影
韓国に敗れ、肩を落とす(右から)本橋麻里、吉田知那美、藤沢五月、吉田夕梨花(20日)=守谷遼平撮影
第3ピリオド、シュートを決める寺島奈穂(中央)(20日)=若杉和希撮影
冬季アジア札幌大会は第2日の20日、スピードスケートの女子3000メートルで、高木美帆(日体大)が4分5秒75の国内最高記録をマークして金メダルに輝いた。
女子1000メートルは小平奈緒(相沢病院)が1分15秒19で制し、高木美が2位。
男子500メートルは長谷川翼(日本電産サンキョー)、男子5000メートルは土屋良輔(専大)が、それぞれ銀メダル。
スノーボードは女子回転で家根谷依里(やねたにえり)(大林組)が2位となり、大回転の金に続くメダルを獲得した。
アイスホッケー女子では日本が韓国を3―0で下して2連勝。
カーリングは男子の1次リーグで日本(SC軽井沢ク)は中国に敗れて通算2勝1敗。
女子の1次リーグでも日本(LS北見)は韓国に敗れて2勝1敗となった。
2017年02月20日
21時47分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

小平奈緒が「金」…スピードスケート1000m
高木美帆、女子3千で「金」…スピードスケート
高木美帆、女子3千で「金」…スピードスケート

クレジットカード現金化 比較

冬季アジア大会開会式、本橋麻里選手が選手宣誓


冬季アジア札幌大会の開会式で選手宣誓する本橋麻里選手(19日午後、札幌市の札幌ドームで)=若杉和希撮影
冬季アジア札幌大会は19日、札幌ドーム(札幌市豊平区)で開会式が行われ、過去最多の32の国と地域から選手・役員ら約2000人が参加するアジアの冬の祭典が始まった。
日本選手団は、旗手の男子アイスホッケーの田中豪選手を先頭に行進。
主将の女子カーリングの本橋麻里選手が選手宣誓した。
日本での開催は2003年青森大会以来で、札幌では3度目。
26日の閉幕まで5競技64種目が争われ、スピードスケートは帯広市で行われる。
2017年02月19日
18時01分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

冬季アジア大会開会式、本橋麻里選手が選手宣誓
冬季アジア大会開会式、本橋麻里選手が選手宣誓
冬季アジア大会開会式、本橋麻里選手が選手宣誓

ネット広告一覧比較

アイホ女子カザフ下す、カーリング男子は2連勝


第1ピリオド、果敢に攻め込む足立友里恵(左)(18日)=若杉和希撮影
第2エンド、ストーンを放つ両角友佑(18日)=沼田光太郎撮影
第2エンド、ストーンを放つ本橋麻里(中央)(18)=守谷遼平撮影
冬季アジア大会は18日、19日の開会式に先立って札幌市でアイスホッケーとカーリングが始まった。
6チーム総当たり戦で行われるアイスホッケー女子は、来年の平昌(ピョンチャン)五輪の出場権を獲得している日本が、カザフスタンを6―0で下した。
カーリングは男女の1次リーグが行われ、男子の日本(SC軽井沢ク)が台湾に11―3、カタールに19―1で快勝して2連勝。
女子の日本(LS北見)はカタールに17―1で大勝した。
大会は26日まで、札幌市と帯広市で5競技64種目が実施される。
2017年02月18日
20時12分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

アイホ女子カザフ下す、カーリング男子は2連勝
アイホ女子カザフ下す、カーリング男子は2連勝
アイホ女子カザフ下す、カーリング男子は2連勝

CDシングル発売日

2017-02-17



関連ニュース





懸賞サイト攻略法